「北天の絹」をお披露目する(右から)齋藤所長、北村社長、むつ市の宮下宗一郎市長

 青森県むつ市のサンマモルワイナリー(北村良久社長)は、ワイン用のブドウから採取した酵母を使った高級食パンを商品化した。同社のグループ会社のパン工場がある大鰐町周辺で15日から、毎週土曜日に限定販売する。酵母は、同市の県産業技術センター下北ブランド研究所(齋藤秀樹所長)が採取し、共同で実用化した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)