介護手続きのオンライン申請で活用する予定の「マイナポータル」のトップ画面

 政府は、介護に関する自治体への申請手続きをオンラインで行えるサービスを本年度中に始める方針だ。市区町村の窓口に出向いたり、書類を郵送したりしなくても手続きが可能になる。申請する家族、本人やケアマネジャーの負担軽減につなげる狙いがある。

 遠方に暮らす家族や代行するケアマネジャーが手続きで自治体の窓口まで何回も行ったり、文書を送ったりするのが大変だとの声があった。また、介護保険は書類が多く、事業者から事務負担軽減のために電子申請を進めるべきだとの意見が出ていた。

 オンライン申請にはマイナンバーカードが必要となる。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む