東道旌表碑に参拝する柏地区連合町内会の会員たち
「七勇士」の功績をたたえる東道旌表碑

 旧陸軍青森歩兵第5連隊の199人が犠牲になった八甲田山雪中行軍遭難事件(1902年)で、1人の犠牲者も出さなかった同弘前歩兵第31連隊(弘前隊)の案内役を務めた民間人7人の功績をたたえるため、青森県十和田市の柏地区連合町内会(沢内孝男会長)の会員が30日、同地区に立つ顕彰碑「東道旌表(とうどうせいひょう)碑」を参拝した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。