【スピード女子3000メートル】4分41秒53で8位入賞を果たした吉田(下長)=長野市エムウェーブ

 第42回全国中学校スケート大会が29日、長野市で開幕した。昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となったため、2年ぶりの開催。スピードとフィギュアの2競技に、37都道府県から選手480人が参加し、2月1日まで市内2会場で熱戦を繰り広げる。大会第1日は、エムウェーブ(同市オリンピック記念アリーナ)でスピードの男女3000メートルを行った。青森県勢は女子の吉田愛実(下長)が2年生ながら8位入賞。男子は村上雄太(根城)が10位、船場充嵩(八戸一)が11位に食い込んだ。大会第2日の30日はスピードの男女1000メートルと、フィギュアの女子ショートプログラムの1日目を行う。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から