【少年女子2000メートルリレーB決勝】スタートダッシュする1走・根城(八戸西高)=日光霧降スケートセンター
【少年男子5000メートル決勝】8位入賞を果たした佐々木(八戸西高)
【アイスホッケー成年準々決勝・北海道-青森】第2ピリオド9分38秒、FW武田(左奥)がシュートを決め、2-4と点差を縮める=日光霧降アイスアリーナ
【アイスホッケー少年準々決勝・青森-埼玉】第1ピリオド、ゴール裏から得点を狙う少年チーム(赤白のユニホーム)

 第77回国民体育大会冬季大会のスケート・アイスホッケー競技会は第5日の28日、栃木県日光市で2競技を行った。青森県勢はスピードの決勝5種目に出場し、2000メートルリレーB決勝で少年女子(根城理実、上田聖華、村崎香穂、下村璃々)が1着となり、5位入賞を果たした。個人種目は少年女子1000メートルで沢野心悠(もか)、同3000メートルで根城理実、少年男子5000メートルで佐々木海地の八戸西高勢3人が、それぞれ8位に入賞した。アイスホッケーはともに準々決勝で、成年が北海道に3-6、少年は埼玉に0-7で敗れた。大会第6日の29日、県勢はアイスホッケー成年が栃木と、少年が愛知との順位決定戦に臨む。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から