つがるにしきた農協は28日の定例理事会で、泉谷利幸組合長(71)の解任を求める動議を賛成多数で可決、後任に代表理事専務の澁谷勝志氏(69)を選出した。澁谷氏は、つがるにしきたを含む県南側と津軽側の農協の対立で青森県農協中央会の全役員が空席となっている問題について、「一日も早く正常化するために協力したい」と述べた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から