災害時の炊き出しのためのマニュアル作りを目指して行われた訓練

 防災や減災、ボランティア活動の研究・普及を目指す社会貢献学会青森支部(升田啓子支部長)は10日、青森市の養護老人ホーム「安生園」の協力を得て、同園入所者や職員を対象とする非常食の炊き出し訓練と試食会を行った。今後、課題を整理し、地震等の災害時に備えた同園独自のマニュアル作りに役立てる。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)