東日本大震災犠牲者の追悼行事=11日、青森市・明の星ホール

 東日本大震災の発生から7年半を迎えた11日、青森明の星学園(小野寺和子理事長)は青森市の明の星ホールで追悼行事を開いた。同学園の中高生616人や、園児代表と教職員約50人が、犠牲者の冥福や被災地の復興を祈願した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)