協定書を手に記念撮影する(左から)澤田組合長、上野獣医学部長、山本町長

 青森県田子町、学校法人北里研究所(本部東京)、三戸畜産農協(田子町)の3者は26日、同町役場で記者会見し、肉用牛生産の振興や担い手育成、地域活性化などを目的とした包括的な連携協定を締結したと発表した。締結は20日付。北里大学獣医学部(十和田市)が有するさまざまな技術を活用し、産学官が力を合わせて産地の強化を目指す。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から