東通村学生応援一時給付金事業のチラシ(村提供)

 青森県東通村は25日、新型コロナウイルス経済対策として、村出身の大学生らを対象に1人10万円を給付することを決めた。政府が18歳以下の子どもに給付した事業で対象外となっていた学生を村が独自に支援する。保護者が村在住であれば学生が村外在住でも対象。また今後、自宅療養者が増えることを想定し、村が療養者宅に5日分の食料セットを「置き配」する事業も始める。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から