雪室に雪を入れる藤田総支配人(左)と小田桐代表取締役(中)
県産野菜を使ったバーニャカウダの試食

 雪室に貯蔵し、おいしさを増した青森県産野菜やワインを宿泊客に振る舞い、冬ならではのおもてなしをしようと、青森ワイナリーホテルを運営する津軽開発(大鰐町)と、地場野菜を販売する企業「彩りの食卓」(青森市)は21日、セレモニーを同ホテルで行い、食材を雪室に入れた。3月から夕食や朝食で提供する。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。