感染対策を施しながら商品を販売する出店者
屋内イベントスペースを中心に開いた冬の朝市

 3~12月に館鼻岸壁朝市を開催している青森県八戸市の湊日曜朝市会(慶長春樹理事長)は23日、出店者の一部による「冬の朝市」を、同市の八戸総合卸センター内にある屋内イベントスペース「コネクトベース」で開いた。冬の朝市は2年目。新型コロナウイルス感染が急拡大する中、感染対策を万全にしながら、1、2月の計6回実施する。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。