温存療法で女児を産んだ柴田さん。「子どもを持てたのは幸運だった」(柴田さん提供)
体外受精で2人の子どもに恵まれた木村さん。「温存療法を紹介してくれた医師に感謝している」(木村さん提供)

 若い世代のがん患者らが、抗がん剤治療などに入る前に精子や卵子を凍結させ、妊娠するための力(妊孕(にんよう)性)を温存する「妊孕性温存療法」が青森県内で注目されている。がん治療終了後、温存した精子や卵子を使って体外受精・胚移植を行い、子どもをもうける事例が確認されている。経験者は「人生が豊かになった」と喜びを語る。関係者は「がんになったとき、将来を見据えた選択肢の一つとして若い人に、この治療法を知ってほしい」と訴える。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。