ごみ集積所に建てた小屋を前に「みんなで協力したから整備できた」と語る太田町内会長=1月、中泊町小泊
集落支援員の活動について住民に説明する太田町内会長(奥)=昨年10月、中泊町小泊

 地域の現状を把握して課題解決を図る「集落支援員」を町内会長らが兼務する青森県中泊町の取り組みが軌道に乗りつつある。昨年10月の導入から3カ月。この間、集落支援員が中心となり、地域が抱えていた課題を住民主体で解決に結びつけた例も出始めている。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から