積もった雪の重さで上部がつぶれてしまった齋藤さんのハウス。パイプで補強していたが、耐えきれずに骨組みが大きく曲がってしまった=青森市細越、20日

 今冬の大雪により青森県内で農業被害が相次いでいる。県によると、昨年12月27日以降の降雪で、9市町村で農業用ハウス計105棟の損壊が今月20日までに判明。東北町と六ケ所村では、牛舎や堆肥舎など畜産関係の施設も計24棟損壊し、肉用牛9頭がつぶれた牛舎の下敷きになって死ぬ被害も確認されている。被害を受けた農家からは、落胆の声が聞かれる。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。