阿武咲(右)が引き落としで御嶽海を破る(共同)

 大相撲初場所12日目(20日・両国国技館)注目の一番を制し、2場所ぶりの勝ち越しを決めた。前頭5枚目の阿武咲(青森県中泊町出身)は、優勝争いを横綱と並走する関脇御嶽海を相手に、持ち前の鋭い出足で当たり勝ったところを引き落として8勝目(4敗)。好調の格上に土をつけた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から