改選を巡る混乱から全役員が空席となっている県農協中央会は20日、青森市の県農協会館で臨時理事会を開き、農林水産省に回答する改善報告の内容を協議した。事務局側が示した原案には役員改選の具体的な日程が盛り込まれていたが、一部の組合長から異議が出て否決された。同省に提出する回答書では日程案を削除し、本年度中に解決できるよう努める-といった表現にとどめることにした。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から