新型コロナの影響で製品の需要が低迷し、生産業務を終了するアツギ東北のむつ事業所=20日午後、むつ市下北町

 ストッキングなど下着メーカーのアツギ(本社・神奈川県海老名市)は20日、青森県むつ市と盛岡市に工場を置くアツギ東北の生産業務を終了し、中国工場に移管すると発表した。500人以上を雇用するむつ事業所と、盛岡工場の従業員合わせて約610人は事実上の解雇となる。生産終了は5月31日を予定している。新型コロナウイルスの影響でストッキングの需要が低迷。同社は2020年から希望退職を募集するなど合理化を進めていた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。