五所川原保健所管内での新型コロナウイルス感染者の急増に伴い、つがる総合病院(青森県五所川原市)の医療提供体制が逼迫(ひっぱく)している。20日朝時点の入院者は16人で、コロナ感染患者向け病床25床のうち、すぐに使える「即応病床」15床は満床状態。同病院は一般病棟の一部病床をコロナ向けに移行して残り10床を準備し、看護師をコロナ患者対応に回すため、緊急性の低い手術や治療、検査を19日から制限している。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。