【スポルト青い森グループ】新青森県総合運動公園総合体育館(青森市)に勤務する従業員1人。最終出勤日は13日。15日に発熱し、17日にPCR検査を受け、18日に陽性が判明した。施設の利用者や従業員に濃厚接触者はいない。施設は消毒し、通常通り営業している。19日発表。

 【青森消防本部】中央消防署管内に勤務する50代男性職員。16日に発熱の症状があり、17日にPCR検査を実施。19日に陽性が確認された。最終勤務日は13日で、公務での住民との接触はない。消防職員に濃厚接触者はいない。19日発表。

 【青森朝日放送】青森市の本社に勤務する20代男性社員。19日に発熱と喉の痛みがあったため、PCR検査を受け、同日陽性が判明した。最終勤務日は17日。濃厚接触者の有無は調査中。接触した可能性がある社員・関係者全員の検査を進めている。

 【青森県教育委員会】中南地域の県立学校の教職員。児童生徒の指導に直接携わっている。14日、感染した人の濃厚接触者に特定され、17日に検査。18日に陽性が判明した。13日から勤務しておらず、児童生徒・教職員に検査対象者はいない。19日公表。

 【弘前市】40代女性職員。14日に家族の濃厚接触者と判定され、PCR検査の結果、18日に陽性が判明。職員は8日以降出勤していない。19日発表。

 【国立病院機構弘前病院】職員2人。ほかの職員、患者に濃厚接触者はおらず、通常通り外来診療を行う。18日発表。

 【弘前市・健生病院】最近入院した患者1人。発熱したため19日にPCR検査を受け陽性を確認。同室の患者やスタッフは全員陰性だった。同病院は院内感染はないとみている。通常通り診療を続ける。19日発表。

 【黒石市】市役所本庁舎に勤務する20代男性職員。勤務中の18日昼ごろ発熱し、同日午後のPCR検査で陽性が判明した。市は所属を明らかにしていないが、窓口業務や市民と接する業務に従事していたといい「感染予防策は取っていた」と説明している。19日発表。

 【むつ総合病院】医療技術部門に勤務する20代女性職員1人。患者とは接触がなかった。感染経路は確認中。16日に悪寒、17日に倦怠(けんたい)感、発熱などがあり、18日にPCR検査を受けた。14日まで勤務し、15日以降出勤していない。病院内の濃厚接触者全6人がPCR検査で陰性だった。病院の診療体制に影響はない。19日発表。

 【日本原燃】六ケ所村の構内で現場作業に携わる協力会社の30~40代男性社員3人=いずれも上十三保健所管内居住。30代男性1人は陽性者(17日公表済み)の濃厚接触者の可能性があり自宅待機していた。3人とも勤務場所はこの陽性者と同じフロアで、原燃は同フロアで勤務する約120人を新たに自宅待機とした。