宝富士(右)が押し出しで一山本を破る(共同)

 大相撲初場所10日目(18日・両国国技館)前頭7枚目の宝富士(青森県中泊町出身)は堂々の相撲で一山本を下し、給金直し。18日は近大相撲部時代の監督で、2020年に55歳で逝去した伊東勝人氏=五所川原市出身=の命日だった。「何が何でも(この日に)」と気合を入れて決めた勝ち越しを、恩師にささげた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から