第42回全国中学校スケート・アイスホッケー大会が20日、北海道釧路市でアイスホッケー競技を皮切りに開幕する。昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となったため、開催は2年ぶり。スピード競技とフィギュア競技は29日から長野市で行う。青森県勢は3競技に計50選手が出場する。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から