【アイスホッケー1回戦・八工大一-八戸】第1ピリオド3分35秒、八工大一のFW後村(左奥)が先制ゴール。後村は4得点3アシストと活躍=テクノルアイスパーク八戸
【アイスホッケー1回戦・早稲田実(東京)-八戸工】第3ピリオド、相手ゴールに攻め込む八戸工(白)の選手ら=ふくちアイスアリーナ
【アイスホッケー1回戦・八学光星-清水(北海道)】第2ピリオド、自陣ゴールを守る八学光星=ふくちアイスアリーナ

 第71回全国高校スケート・アイスホッケー競技選手権(スケートインターハイ)は第2日の18日、八戸市、南部町、青森市で各競技を行った。アイスホッケー1回戦は八工大一が八戸との県勢対決を12-0で制し、16強入り。八戸工は早稲田実(東京)に4-7、八戸学院光星は清水(北海道)に0-25で敗れ、県勢4校中3校が姿を消した。スピードは男子5000メートルの佐々木海地(八戸西)が17位で入賞を逃し、500メートルは女子が上田聖華(八戸東)の36位、男子は柏崎皓貴(八戸西)の41位が最高だった。フィギュア女子予選A組ショートプログラム(SP)では本田望結(みゆ、青森山田)が13位だった。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から