弘前保健所管内の感染状況について説明する桜田市長

 青森県弘前市の桜田宏市長は18日、市役所で記者会見を開き、弘前保健所管内での新型コロナウイルス感染者が急増している状況について「年末年始の同窓会などで普段接しない人とマスクなしで会話して感染し、それが家族や職場に広がった」との見解を示した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から