世界文化遺産登録認定証の複製(右)を見る木造高校の生徒たち

 つがる市教育委員会は17日、同市の亀ケ岡石器時代遺跡と田小屋野貝塚を含む「北海道・北東北の縄文遺跡群」の世界文化遺産登録を証明する「認定証」の複製を、同市の木造高校や市内全12小・中学校に貸し出し展示を始めた。初日は、市教委の担当者が木造高校と木造中学校にそれぞれ1部ずつ認定証の複製を届け、生徒たちにお披露目した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から