国道45号の岩手県境付近で津波注意報を知らせる電光掲示板。避難指示発令については自治体によって対応が分かれた=16日午前4時29分、階上町道仏

 トンガ沖海底火山の噴火による16日の津波を巡り、青森県内沿岸自治体の対応が分かれた。津波注意報の発表で住民に避難指示を出した自治体がある一方、厳冬期の夜間に避難する危険性などを考慮して、発令を見送ったケースもあった。担当者からは今回の事例を、今後の対策に生かしたい-との声も上がった。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。