平川市教育委員会は16日、新型コロナウイルスの急拡大を受け、17~31日の間、小中学校の部活動について練習や対外試合などあらゆる活動を休止すると発表した。ひらかわドリームアリーナやひらかドームなど、市所管の6運動施設も臨時休館とする。

 市教委は14日付で市内全13小中学校に部活動の一部制限を通知していたが、対策を強化する。体育館などの地域への学校開放も休止する。スポーツ少年団などの活動についても、部活動と同様の対応を要請する。

 また、市図書館は貸し出しと返却のみとし、閲覧席の使用を禁止。郷土資料館ギャラリーは事前受け付けの上、利用人数を10人以内に制限する。