オリジナルの法被と帽子を身に着け、乗客(右)に大鰐温泉もやしを販売するスタッフ

 青森県大鰐町の「プロジェクトおおわに事業協同組合」は12日から、弘南鉄道大鰐線(中央弘前-大鰐)の車内で、同町の伝統野菜「大鰐温泉もやし」の販売を始めた。3月30日まで、毎週火・水曜日に各日1往復する。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。