2021年に青森県内で確認された特殊詐欺被害は前年を7件上回る45件(速報値)だったことが県警のまとめで分かった。被害額は約7584万円で前年より3590万円減少したものの、11~12月にかけて弘前署管内の60代男性が現金計1110万円をだまし取られる高額被害が発生。今月11日には十和田署管内で60代男性が約1851万円をだまし取られる被害が発覚するなど後を絶たず、県警が警戒を強めている。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から