将棋の第57期県王将戦(県将棋連盟、東奥日報社、東奥日報文化財団主催)は16日、青森市の日本将棋連盟青森支部道場で決勝トーナメントが行われ、木村恭司朗四段(青森高1年)が初優勝した。

 9日の予選を勝ち上がった8人のうち田村純也五段(八戸市)が出場を辞退し、7人で争った。木村四段は初戦で遠瀬龍二・四段(三沢市)、準決勝で飯田巧五段(青森市)を破り、決勝に進出した。

 中川滉生五段(八戸市)との決勝は、木村四段が居飛車穴熊、中川五段が四間飛車の戦型。中盤から木村四段がやや不利な進行となったが、終盤に中川五段のミスが出て逆転勝ちした。

 東北六県大会(7月・青森市)の出場権を獲得した木村四段は「1勝でも多くと思って挑んだのでうれしい。六県大会の代表に入れるのは光栄。頑張りたい」と意気込みを語った。

 結果は次の通り(左が勝ち、数字は段位)。

 ▽準々決勝
北畠  悟(5)-不戦勝
(つがる)
中川 滉生(5)-船橋 隆一(5)
(八 戸)  (青 森)
飯田  巧(5)-蛯名  新(4)
(青 森)  (む つ)
木村恭司朗(4)-遠瀬 龍二(4)
(青森高1) (三 沢)
 ▽準決勝
中   川 - 北   畠
木   村 - 飯   田
 ▽決勝
木   村 - 中   川
    (132手)