バーチャル空間を会場にした県高校文化連盟美術部津軽支部の展覧会

 県高校文化連盟美術部津軽支部展が14日から始まった。43回目の今年は、新型コロナウイルス下でも安全で確実な展覧会として、初めてバーチャル空間を展示会場に。青森県弘前市や黒石市、つがる市などの高校13校の生徒による若い感性あふれる力作66点を展示している。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から