テント内でワカサギ釣りを楽しむ家族連れ=15日午前

 米軍三沢基地から有害物資を含む水が基地外に流出した可能性がある事態を受け、中止していた姉沼(青森県東北町)の氷上ワカサギ釣りが15日、再開された。沼の水質の安全性が確認されていないとして、釣った魚を食用にしないことが条件。釣り客からは「仕方ない」との声が聞かれた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。