三沢空港のロゴを使った法被。青森県の景色や特産品、おいしい食べ物を「トリニキテ」という願いを込めたという

 青森県南や下北地区の高速交通の玄関口・三沢空港の民間機就航70周年記念式典が15日、同空港出発ロビーで開かれた。関係者約20人が歴史を振り返るとともに、空港の発展や羽田線4便化定着へ気持ちを一つにした。同空港の新しいロゴも披露された。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。