青森県鶴田町は14日、原油価格高騰対策として、住民税非課税世帯(生活保護世帯を除く)に独自に灯油代を助成する方針を示した。

 1世帯当たり1万円を助成し、対象は2千世帯を見込む。今後、対象者に案内を送付する。同町の灯油代助成は2007年度以来。

 また、新型コロナウイルス対策として大学生や専門学生らに対し、1人当たり5万円を支給する。本人または保護者が町に住民登録していることが条件で申請が必要。

 同日開会の臨時町議会に灯油助成事業費2007万円、大学生らへの生活支援事業費1522万円などを盛り込んだ2021年度一般会計補正予算案を上程し、可決された。