雪のため上り坂で動けなくなった乗用車もあり、渋滞やノロノロ運転が続いた=14日午前9時50分、東北町向平の国道4号

 冬型の気圧配置が続いた青森県内は14日、津軽地方を中心に断続的な雪となり、時折強く吹き付ける荒れた天気となった。青森地方気象台によると、同日午後10時現在の積雪は青森95センチ、弘前77センチ、八戸12センチ、五所川原76センチ、碇ケ関69センチなど。風雪の影響で一部地域の道路が渋滞となり、鉄道や航空便も乱れた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。