担ぎねぶたやハネト、津軽三味線のコラボレーションで参加者を歓迎したアトラクション=13日午後、青森市のリンクステーションホール青森

 「創ろう!ワールドワイドな運動部活動~縄文のまほろばから世界を見つめて~」をスローガンに第56回全国高校体育連盟研究大会が13日、青森市のリンクステーションホール青森で始まった。初日は開会式と全体会、分科会を行い、全国の高校運動部で指導に当たる教諭など約500人が今後あるべき部活動の姿について考えた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から