「(美術業界の内実を)ここまで書いて大丈夫かと心配する人もいたが、むしろ波風が立てばいいと思った」

美しい写実絵画で知られ、これまで描いた約700点は全て売れたという人気画家、中島健太さんが著書「完売画家」を刊行した。自らの歩みをたどるとともに、知られざる美術業界の問題にも切り込み、「絵描きは食え…

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から