原子力規制委員会の更田豊志委員長は12日、日本原燃・六ケ所再処理工場、MOX(プルトニウム・ウラン混合酸化物)燃料工場の認可審査が難航している現状に対し「膠着(こうちゃく)状態。停滞が続くようなら何らかの打開策を具体化する必要がある」との認識を示した。同日、都内で開かれた原燃経営層との意見交換で、増田尚宏社長に対応を求めた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から