青森県は12日から、新型コロナウイルスのオミクロン株感染者の療養対応方針を切り替えたと明らかにした。これまではオミクロン株感染者(疑い例含む)は全員が入院対象となっていたが、軽症者や無症状者は本人の希望も踏まえ、保健所が入院、宿泊療養、自宅療養のいずれかを決める方法に変更した。重症や中等症の患者は全員が入院対象となる。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から