後輩たちの前で新作のデザイン角巻を披露する3年生
新作のデザイン角巻10点を発表した生徒たち

 昔ながらの防寒具・角巻を独創的にリメークした「デザイン角巻」を制作している弘前実業高校服飾デザイン科の3年生39人が12日、同校体育館で新作10点を発表した。下級生や保護者が見守る中、リンゴや縄文遺跡、陸奥湾などをイメージした地域色豊かで斬新なデザインの角巻をファッションショー形式で披露した。昨年は新型コロナウイルスの影響で発表会を行わず、2年ぶりの開催。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。