青森県大間町に大間原発を建設している電源開発(Jパワー)の渡部肇史(わたなべ・としふみ)社長が12日、新年のあいさつのため大間町役場を訪れた。渡部社長は「大間原発は国の原子力政策の中に組み込まれた電源。しっかりやり遂げる」と強調した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から