RFSに対して核燃新税の大幅譲歩案を伝えたことを正式発表した宮下市長

 青森県むつ市の宮下宗一郎市長は11日の記者会見で、市が独自課税を目指す使用済燃料税(核燃新税)に関し、税率の大幅譲歩案を特定納税義務者のリサイクル燃料貯蔵(同市、RFS)に伝達したと正式に表明した。会見後の東奥日報の取材に「新税を成立させるための苦渋の選択。それがむつ市の将来のためになると考えた」と説明。「事業者のほか県と県内他地域、核燃料サイクルを推進する国にも配慮した」とも述べた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。