ロシア・サハ共和国ヤクーツク郊外の温室で栽培されるキュウリ(共同)

冬は極寒となるロシア極東で、日本の技術を生かした温室栽培の野菜が「新鮮でおいしい」と人気だ。冬は雪に覆われ生産量が落ちるため、中国や旧ソ連の中央アジアから輸入が主流だった。だが食の安全意識の高まりか…

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から