青森県むつ市が独自課税を目指す使用済燃料税(核燃新税)の税率大幅譲歩案を特定納税義務者であるリサイクル燃料貯蔵(同市、RFS)に示した背景には、同市の中間貯蔵施設での乾式貯蔵を促し、核燃料サイクルを補完することで、事業推進を掲げる国に配慮する狙いもあるとみられる。RFSによると、施設に最初に搬入されるのは、東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)の使用済み核燃料。市は中間貯蔵施設への搬入の支障にならないよう、同県柏崎市が使用済み核燃料の保管に課税する税率と同額まで引き下げた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から