「しょうがい」や人権をテーマにした演劇の一場面。車いすに乗った赤いバラの役で出演した三井絹子さん(右から2人目)=東京都国立市のくにたち市民芸術小ホール

日常生活や社会で感じた「障害」や生きづらさを劇で表現する取り組みが行われている。演じることで気付く視点、劇にして伝えることで生まれる共感など、変化のきっかけをもたらしている。 精神障害がある人の活動…

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から