昨年春から左サイドハーフのレギュラーに定着し、決定力の高さで青森山田の躍進を支えるMF田澤(右)

 10日の第100回全国高校サッカー選手権決勝で先発が濃厚な青森山田のMF田澤夢積(ゆづむ)(3年)=青森市出身=は、準決勝で先発した3年生10人の中で唯一前回大会の登録メンバー外だった。悔しさをばねに昨年春にレギュラーの座をつかみ取ると、精度の高いシュートで試合の流れを変えられる選手にまで成長。今大会は、2回戦から準決勝まで4試合全てに先発出場した。決勝の大舞台でも、自慢の左足でゴールを奪い、3大会ぶりの日本一を目指す。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。