がんメンタルケアに取り組んでいる公認心理師の松坂さん(左)と亀田さん=八戸市の青森労災病院

 青森県八戸市の青森労災病院は本年度、がん患者の精神面を支えて治療効果の向上につなげようと「がんメンタルケア」の取り組みを進めている。公認心理師が早い段階から患者の不安に寄り添うことで、治療に臨む意欲が高まるなどの効果が出てきている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。