青森県弘前市は7日、豪雪警戒本部を設置した。現在開設している2カ所の雪置き場に加え、今後新たに相馬地区や町田地区の雪置き場も市民に開放し、排雪車両の渋滞緩和を図る。農家の間にリンゴの枝折れへの不安があるため、市は例年2月下旬から行っている幹線農道の除雪を前倒しし、園地へ立ち入りできるようにする。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から