盾を手にする岡村社長(左)と佐藤代表=7日、青森市のオカムラ食品工業本社

 バイオガス発電プラントに発電原料を継続的に供給したとして、発電事業も手掛ける青森県十和田市の県南環境保全センター(佐藤正樹代表取締役)は7日、青森市のオカムラ食品工業(岡村恒一社長)に感謝の意を伝える記念の盾を贈った。佐藤代表は「最も重要な原料調達に協力していただき感謝している。今後も持続可能な社会に向けて努力したい」と話した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から