慣れない左サイドバックで奮闘し、青森山田の準決勝進出に貢献した小野=4日、等々力陸上競技場

 第100回全国高校サッカー選手権で、8日に準決勝を迎える青森山田のMF小野暉(ひかる)(3年)=八戸市出身=は、本職ではないDFとして奮闘している。左サイドバック(SB)という慣れないポジションを、走力と足元の技術で補い、3大会ぶりの優勝を目指すチームの躍進に貢献している。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。